時刻表ダウンロード/Timetable download

全世界のルフトハンザネットワークの時刻表をご利用になりたい方はこちらのリンクより、本社のページへどうぞ。

夏期時刻表 日本発(2016/03/27)

夏期時刻表 日本着(2016/03/27)

AWB記入方法/AWB Sample

AWB 記入方法/AWB Sample 1.Account Noの欄に、御社のアカウントナンバーを記入してください。 2.td.Proの場合、Flight/Dateの欄は必ずブランクでお願いします。タイム デフィニット サービスでフライト番号を記入してしまいますと、混乱が生じる可能性があります。 なお、それ以外(タイム デフィニットではない貨物とtd.Flash)の場合は、フライトナンバーがこれまで通り必要となりますので、ご記入ください。 3.Accounting Information の欄には、商品名とContract Noを記入してください。 4.td.Flashの場合は、Consigneeの欄に必ず電話番号をご記入ください。

1.Account No. の欄:現行通り、御社のアカウントナンバーをご記入下さい。

2.Flight No. の欄:注意!!td.Xおよびtd.Proの場合は必ずブランク。その他の場合(td.Flashを含む)はフライトナンバーが必要です。 

3.Accounting Informationの欄:商品名 Contract No: xxxx

td.Pro の場合の例:td.Pro Contract No: 9010

td.Flash の場合:ZXF Contract No: 7700など

td.Flash -to door-の場合:ZXD Contract No: 7700など

4.Consignee's Name and Addressの欄:td.Flashの場合、電話番号をご記入ください。 

空港検索

ドイツ国内の郵便番号から最寄空港を検索できます。

HAWB data for EU customs

2011年1月1日より欧州委員会規則(The EC Commission Regulation) 648/2005が適用となり、EU向け及びEUを経由する貨物の到着情報を、EUへの最初の入港地(エントリー・ポイント)の税関当局に事前に申告することが義務付けられており、これはEU域外から到着する全ての貨物に適用されます。
ルフトハンザ カーゴではお引き受けする全ての貨物を対象にハウス情報の提出をお願いしております。

1.ハウス情報の提出方法について

(1) お客様による電子送信 CCS やTRAXONなどのベンダー経由で、FWBおよびFHLメッセージを電子的にご提出いただけます。また弊社ホームページのeServiceよりご提出いただくことも可能です。(eServiceは事前にログインの手続きが必要となります。詳しくはカスタマーサービスまでお問い合わせ下さい)

(2) 書面にてLCAG空港事務所にご提出 マスターAWBおよびハウスAWBのコピーを別途ご用意頂いた場合、弊社にて貨物データをマニュアル入力することも可能です。この場合は作業に関わる費用を申し受けます。

2.情報提出の詳細

(1)情報提供の締め切り時間

  • 電子送信をいただく場合は、貨物の搬入前までに送信してください。
  • 書面にてLCAG空港事務所にご提出いただく場合は、貨物の搬入時にご提出ください。

 

(2) AWBおよびハウスマニフェストの記載方法

混載貨物につきましては、マスターAWB上の品名は、”Nature and Quality of Goods”欄に
必ず“Consolidation as per attached manifest”とご記入願います。また、正式な品名、荷主
および荷受人の完全な住所(名前、通りの名称、都市名、郵便番号、国名)を全てのマスター
AWBおよびハウスAWBに必ず記載して下さい。

 

(3) 必要書類について

ハウス情報の申告を行う前に、ルフトハンザ カーゴにて全てのデータのマニュアルチェックと、必要に応じてその修正を致します。これは、ENSの規則が確実に守られるために必要となるものです。その後、ルフトハンザ カーゴは各EU税関当局にENSの申請をいたします。このマニュアルチェックのため、下記の書類が必要になりますので、ご用意願います。尚、これらはKJA税関用の書類とは別にご用意願います。

  • マスターAWBのコピー
  • 混載の詳細マニフェストのコピー。詳細情報が記載されたマニフェストがご提出いただけない場合には、全てのハウスAWBのコピーを別パウチにてご提出ください。
  • 混載貨物において複数のULDに積みつけられて搬入された場合は、ULDごとのハウス情報(ハウスAWB単位での積みつけ情報)を提出願います。

 

(4) 一度送信されたハウス情報の訂正について

書類搬入前のハウス情報の訂正については随時メッセージを送信していただいて結構です。書類搬入後のハウス情報の訂正については、メッセージ送信では受けられませんので、搬入された書類をもとに、LCAGでのマニュアル入力となり、書面でご提出いただいた場合と同様の料金を申し受けます。

 

(5) 料金について

ハウス情報の提出に際し以下の料金を申し受けます。下記の場合に応じてマスターAWBの
Other Charges欄に料金をご記載下さい。

  • ハウス情報を電子送信にていただく場合
    ハウスAWB1件あたり、150円
    マスターAWBのOther Charges欄 コード CG
  • ハウス情報を書面にて提出いただく場合
    ハウスAWB1件あたり、1500円
    マスターAWBのOther Charges欄 コード CC

Documents required by KJA Customs

1.    対象貨物

対象貨物: 弊社で受託する全ての貨物 貨物の受託後何らかの理由により、当初の予定フライトから搭載プランが変更になることも勘案し、当該便に予約された貨物だけではなく、全貨物を対象とさせていただきます。

2. 必要書類について

必要となる書類は以下の通りです。 

全ての貨物に該当:

・ MAWBのコピー 2部

混載貨物の場合:(上記に加え) 

・ ハウスマニフェストのコピー2部 

但し、MAWB上の荷主と荷受人の名前・詳細住所、及びHAWB上の荷主と荷受人の名前・詳細住所がハウスマニフェスト上に記載されていることが必要です。

ハウスマニフェスト上に、MAWBとHAWBの両方の荷主及び両方の荷受人の名前と詳細住所の記載がない場合は、従来通り、上記の「既にご案内している混載貨物の必要書類」を全てご提出願います。 

・ HAWBのコピー2部

*最初のお知らせでご案内した「混載BUPの場合の各ULDごとのハウスマニフェストのコピー」及び「生鮮貨物の場合の各種証明書のコピー」はロシア税関規則の要件からは除外されています。 

上記の書類は、オリジナルのAWBパウチとは別のパウチをご用意いただき、パウチの表にMAWB番号と「Customs 」と明記した上で封入・ご提出願います。

 ロ シア税関では申告書類のもれや不備、特にAWB上の品名とマニフェスト上の品名とが一致しているかどうかをチェックしますので、Nature of goods / Commodity欄には必ず具体的な品名を明記してください(悪い例:Return goods、Exhibition goods等の抽象的な表現)。 

また、民間航空機用 の「航空機部品(Aircraft Parts)」の場合は、直載貨物はMAWB上に、混載貨物の場合はHAWBおよびハウスマニフェストのNature of goods / Commodity欄に「Civil Use 」と明記してください(手書き不可)。

3. 空港搬入時に書類に不備があった場合 

上記必要書類に不備があった場合には、経由地でのトラブルを未然に防止する為、予定した便に搭載できないこともございますのでご注意願います。 

4. その他 

ロシア税関からの提出書類に関する要件は、予告なく変更になる場合もございますので予めご了承願います。 ご不明点等は、ご遠慮なく下記弊社カスタマーサービスセンターまたは担当営業社員までお問い合わせください。  

Joint Venture with ANA - Flight Schedule & Country list

2014年12月1日より、ANA Cargoとのジョイントベンチャーを開始致しました。

どちらの航空会社のAir WayBillをご利用いただいた場合でも、両社の便の中から、お客様に最適なルートでの貨物スペースの提供が可能となり、欧州域内の豊富な接続ネットワーク(ロードフィーダーサービスを含む)も共同利用いただけます。

ジョイントベンチャー対象国及び対象フライト(日本発ヨーロッパへの直行便)は、こちらからご覧いただけますので、是非ご利用ください。