ANA CargoとLufthansa Cargoが ジョイントベンチャー*をはじめます。

共同事業によるメリット

より充実したスピーディなフライト・ネットワーク

より多くの目的地へのダイレクトアクセス

よりスピーディかつ豊富な接続便

貨物便・旅客便の組合せによる豊富な貨物スペース

品質とフレキシビリティの向上

標準化されたプロセス

専門知識の融合による品質向上

万一のイレギュラー時も振替便選択肢が充実

シームレス化

輸出貨物搬入・輸入貨物引渡場所の一本化 (適用可能な空港のみ)

アクセシビリティのスピードアップ、作業時間の短縮

両社のネットワークをご利用可能

さらに多くの仕向け地へ、さらに多くのフライトからお選びください。

ANA CargoとLufthansa Cargoの新たなパートナーシップにより、お客様にとって様々なご利用メリットをご用意しています。まずはANA CargoとLufthansa Cargoが持つ日欧間のネットワークを一つとみなしていただけること。LufthansaとANAを合わせると、週90便以上のフライトが日本と欧州の間を運航しています。これによりフランクフルトやデュッセルドルフ、

ミュンヘン、パリ、ロンドン、ウィーン(オーストリア航空による)、東京(羽田・成田)、名古屋、大阪を結ぶ両社の直行便からフライトをお選びいただけます。さらには、両社の接続便ネットワークもまるで一つのようにみなしてご利用いただけます。お客様にご利用いただけるネットワークが拡充することで、より多くの貨物をより多

くの出発地から取り扱うことが可能になります。直行便の選択肢の幅が広がるのはもちろんのこと、両社の接続便もご利用になれます。これにより従来ANA Cargoでは欧州大陸内トラック輸送で最終目的地までお運びしていた貨物をLufthansaの航空機でお運びすることができ、エクスプレス貨物だけでなくスタンダード貨物も、これまでより早く目的地に到着することが可能になります

シームレスなサービスで、もっと簡単に

  • More info content-slide
    ANA CargoとLufthansa Cargoによるベストコンビネーション ジョイントベンチャーでは、ご利用いただけるフライト数が増えるだけでなく、万一のイレギュラー発生時も両社の日欧線ネットワークの中から最適な代替便のご手配を行なうフレキシビリティによって、ご要望のタイムフレーム通りでの輸送をお約束する、高品質で安心のサービスをご提供致します。
  • More info content-slide
    特別なニーズにお応えするオプション ネットワークの充実のみならず、ANA CargoとLufthansa Cargoの旅客便と貨物便の日欧間貨物スペースを組み合わせることで、ANA CargoにおいてもCAO (Cargo Aircraft Only) 貨物や大型貨物などより多様な輸送手段の提供が可能になります。
  • More info content-slide
    さらなるメリット • 充実したフライトネットワーク:日欧間で週90便以上の直行便を運航 • ご利用可能フライト数の増加にともなうキャパシティの拡大 • 日本・欧州域内における接続便の充実 • 輸送時間の効率化 • トラックサービスからフライトへの移行による輸送時間の短縮 • 特別なニーズにも合う輸送手段の充実